ヨガコンタクトセミナー

昨日のセッションで、ある生徒さんとお話しをしていて実感したのは、今年もヨガコンタクトセミナーとトータルヒーリングヨガサポートが、いまの時点では、私の伝えたいことを、最短で、わかるように伝えられる最適な場だということ。

 

まだ小さいコミュニティだけれど、ここで学んだ人たちが、いずれ、だれかに伝えていく立場になっていくのではないかと、予感しています。。。というか、自然にそうなるでしょう。

 

ひとりひとりの生徒さんの理解度を感じ取りながら、ツッコミを入れていくことができるという場、、、それができれば、腑に落ちるのは早くなる。

わかったつもりになっている人に、ツッコミを入れる。気づいてもらう。

何度でも繰り返し伝える。手応えが出るまで。

 

昨日の生徒さんも、来た時は苦しそうでしたが、だんだんと表情が明るく、、、というか、驚きの表情に変わっていきました。

「あ、そうか!えっ!そうなんだ!わかっていたと思ってたけど、全然浅かったんですね!違った。」

「えーー!そうなんですね、そういうことか!

マインドフルネス瞑想に行っても何も変わらなかったのはそういうことか、、、、、!やります!とりあえず一週間やってみる!本気で」

そんな反応の連続で、最後は力強い表情で帰っていかれました。

 

 

今を生きる

 

というのは、ほとんどの人が思っている「今を生きる」とは違います。もっと深いもの。

頭では理解できないものです。

 

生き方の大革命です。

 

何度も書いているように、シンプルで地味〜なプラクティスを毎瞬続けていくことが必須です。

今までのようにパターンを生きることからの卒業です。今ここに現れてくる意識を生きることの誕生です。

やり方は本当にシンプルです。でもすぐにはマスターできない。今までの反応して生きてきたパターンに気づく必要があるから。自分のエゴに気づく必要があるから。そして、うんざりしたり、がっかりしたりする必要があるからです。。。

 

根気がいります。

 

この写真の編み物のように、一目一目は地道な一歩。

でも編むのを楽しめたら、結果は後から自然についてきます。

 

プラクティスは、本気になれば、すぐではなくても、かなり早くマスターできると私は確信しています。

そのためには、意味を勘違いしないで、ダイレクトに受け取ってもらう必要があるので、やはり個人に直接伝えることができる場が最適だし必要なんだな、、、と本当に思いました。

 

クラスに出たり、本を読んだりして「わかった」と頭で思っていても、今、まだ苦しみから解放されていなかったら、わかってはいないのです。

 

今、私の生徒さんで、これに本気で取り組んでいる人は、多分6人くらいです。

今年は、一人でもまた仲間を増やしたいところです。

 

「ヨガとは全ての苦しみを取り除く道である」

 

それがどういうことなのか、伝わるように、私自身も日々実践、日々実験。

 

それから、昨日の生徒さんも言ってましたが、「このプラクティスをしている時に、苦しい場面の時ほど、おかしくなって笑っちゃいそうですね!」と。

 

そう、自分がいつも深刻にとらえてしまっていることが、実はそんなことじゃなかったって気づける場面がたくさん出てきますし、気楽に生きられるようになっていくはずです。

なので、怖い顔して必死にやるものでもなく、私は、面白い実験だと思っているのです。

 

興味のある方は、クラスにぜひご参加くださいね。

 

では、今日も素敵な今を お過ごしください!