心の世界から気づきの世界へpart2

先日書いた記事の続き。

(読んでいない方は、3月6日の記事から読んでみてくださいね)

 

山を見ている人たちの話の4人目の話。

聞きたいという生徒さんがいましたので、頑張って言葉にしてみます。

(安曇野から時々来てくださる生徒さんなので、なかなか会えないですから。。。)

 

***では、はじめましょう(笑)

 

 

多分、多くの場合、私たちは、幸せに生きるために、苦しみをなくすために、私たちの思いをポジティブなものに変えようとしたりします。

 

あの話の例えを使うなら、「なんだ、ただの山じゃないか」と言っていた人が、「なんて綺麗な山だろう」と思える自分に変えていこうとしたりするということです。

ポジティブシンキングや、アファーメーションなんかを使ったりして。

 

でも実は、あの3人の人は、どの人も本当の山を見ているわけではありません。

 

自分の心の状態から(心のかけたフィルターから)山を見ているので、自分が見たいように見ているわけです。そしてそのことに気づいていません。

 

その人(の心)にはそう見えるということで、本当のその山を見ている人はその中にはいないのです。

 

もちろん、自分の見方を変えれば、経験が変わりますから、「ただの山じゃないか」と見るよりは、「なんて綺麗な山だろう、晴れているし、花も咲いている、、、」と思えたほうが幸せな経験ができます。

 

でも、その場合、もしも、黒い雲が覆ってきて、風が吹き始め、雨が降り出し、辺り一面が暗くなった時に、今度はどう感じるでしょうか?

 

外の世界の状況によって、心の平安は乱され、外の世界の状況によって、自分の幸せが左右されるということになります。

(それが普通と思われている生き方です)

だから私たちは、外の世界や人を変えようとしてしまいます。

 

でも、ヨガの教えでは、自分とは一体何なのか?を知りなさいと言われています。

自分が考えている自分ではなく、本当の自分という、形を超えた、そのエッセンスを思い出しなさいと言われています。

 

そして、そのエッセンスは、万物の中に等しく息づいている同じものなのだと思い出せるところまで行きなさい。それがプラクティスです。。と。(これは、私の独自の翻訳ですが)

 

そして、もし思い出せたとしたら、自分も、あの人も、そしてあの山も、同じなのだということを知り、あ〜全ては一つで、その一つである大いなる意識が、様々な表現として(例えばあなたという形として)現れているのだと感覚的に腑に落ちてくるでしょうと。

この感覚で生き始め、生き続けることがサマーディ(だと私は思っています)。

 

 

そうすると、山を見た時に、4人目の人はどうなるでしょう。

 

その山に、

 

自分自身を見るのです。嵐の中であろうと、晴天の緑に覆われた山であろうと。。。

 

そして、他人の中にも。。。全ての人の中に、同じように、自分自身を見るのです。

 

その繋がりが腑に落ちた状態で生きている人にとっては、あの山は、山であり、自分。

そして、美しいと思うかどうかは自分のものの見方であると気づいているので、美しい!と感動しているかもしれませんが、同時に、そのもっと奥にある本質を見ているということです。

 

嵐の中の山であろうと、雪山であろうと、新緑の山であろうと、その中に、いつも在るひとつ のものを見ているのです。

 

そして、自分の中に湧いてくる感情があるとすれば、それがどんなものであれ、それを充分に味わい、同時に自分の考えや思い込みから解放されているので(フィルターをかけていないので)、その人にとっては、全てが豊かな経験という魂の栄養になるわけです。

悲しみや怒りや喜びや、、、どんなものでも同じように。

現れては消えていく、空の雲のように。

 

何を感じても、魂は「豊かな経験をしている」と、根底で気づいている状態です。

 

 

例えば、Yoga Contact には小さな祭壇があります。

そこには、ブッダと、ラクシュミーの絵(どちらもいただいたもの)と、私の尊敬しているスワミサッチダナンダの写真と、生徒さんが持ってきてくださった、ケン先生の写真が飾ってありますが、私がお祈りをしている時には、私はその全ての奥にいる「それ」、神様と言ってもいいし、宇宙といってもいいし、大いなる意識といってもいいし、とにかくこの世界全てを創造した「それ」に祈っているのだと感じています。その奥にあるのは、同じもの。

 

もちろん自分の中にも同じように在るものに。。。。

 

そう感じます。

 

 

どの宗教の人たちも、そう感じることができたら、自分たちの信じている宗教が一番だとか、どの神様が一番だとかというナンセンスな話にはならないのにな、、、と思います。誰を選ぶかは好みで、でもその大元にあるのはひとつなのだと。

 

私が好きな、スワミサッチダナンダの言葉「真理はひとつ、そして、そこへ続く道は無数に在る」

 

全てはひとつなのだから。。。。。。

 

何かを信じている人だけが救われるとか、、、、あるわけがない。

 

だって全てを創造したもの「神という名前を付けても」は、その創造物全てを愛していると思うのが自然ではないでしょうか?信じないものは救わないなんて、そんな小さなものではないでしょう。この世界全てのこの秩序、神秘、奇跡を創造した力ですから。

罰も与えないし、地獄にも落とさない。私たちはみんな愛されている。

 

って、私は子供の頃から感じています。

 

文字で書くことができるのは、今日はこの辺で。

あとは、セミナーなどでお話しします。いつも書いていますが、ヨガって言葉は使っていますが、ヨガと言わなくてもいいのです。大きく捉えていただけるとありがたいです。

 

Yoga Contactでやっていることは、今日書いたことのための実践です。真にそれを生きることへのガイダンス。知識で覚えることではなく、それを生きるためのプラクティスです。

 

次回のセミナーは、来週火曜日11:30〜

Sunday Training Class は4月7日です。(あと3名入れます)

どちらもまだ受付中です。

Homeとお知らせのページをご覧ください。

 

おやすみなさい。。。

 

 オーム タット サット

 

 

 

 

 

 

暖かくて柔らかいもの

今週も、遠方から生徒さんがきてくださったり、個人レッスンや、インストラクターのスーパーヴィジョン、トータルヒーリングヨガサポートなど、レギュラーレッスン以外でも、ヨガ指導やヒーリングをさせていただいています。

 

クラス写真は、いつもシャバアサナの時にしか撮れないので、最近は投稿もしていませんが、クラスはしっかり毎週賑やかに開いております。

 

最近は、レギュラーレッスンの生徒さん達の中でも、時々個人セッションを申し込んでくださる方も増えてきました。

 

今日は、茅ヶ崎から毎月来てくださる生徒さんの個人レッスンでした。

昨年の夏から始めて、まだ一年も経っていませんが、きっと以前の自分が立っていた場所から、かなり遠いところまできて、見える景色が変わっていることに、ご自分自身が一番驚いているのではないかと思います。

 

今は、ここに来てくださる方達の、変容のサポートをするのが、私のパッションです。

 

養成コースを受けた後、スーパーヴィジョンを受け続けながら、ヨガクラスの指導を頑張っている生徒さん達も何人もいらっしゃいますが、ヨガから得られる恵みを受け取って、伝えていけるいい先生が増えていくといいなぁと思っています。

それもあって、4月からSunday Training Classを始めます。(お知らせと、トップページをご覧くださいね)

 

 

 

さて、話は変わりますが、

時々、ネパールで作られた、ヤクやパシュミナ、カシミヤのストールを持って来てくださる教育支援団体の方から、またショールやスカーフが届いています。

季節柄薄手で暖かいものを持って来てくださいました。

大判のショールがすぐに無くなったので、また数日後に持って来てくださる予定です。

クラスに来られる方は、ぜひご覧ください。

私も、パシュミナのショールを買いました。薄いのに柔らかくて気持ち良く、本当に暖かいです。

私のお仕事ではありませんので、そのままのお値段で、売上は、そのまま教育支援団体にお渡ししています。長年熱心に活動をされている団体です。

 

カシミヤや、シルク、ウールなどの天然素材は、大好きで、柔らかくて暖かいものに出会うと買いたくなります。

そして、それを作った方達の元に、ちゃんとお金が届いているといいなといつも思います。

インドに行った時も、エアコンもない小さな暗い建物の中で、上半身裸で美しいシルクを織っていた男性がいました。

その近くで売られていた商品は、とても質が高く、でも日本人の私からしたら、とても安いものでした。その時は、暑さで思考力が低下していたせいか、何も考えられず、買えずに出て来ましたが、後から、その人の売りたい値段で、何枚か買ったらよかったなと思ったのを覚えています。(もちろん簡単にそうは言えない現実的な問題も色々影にあるのかもしれませんが)

 

インドのシルク製品も、日本で売っているものは、本当に高額ですが、現地でそれを作っている人にどのくらい支払われているのだろう?とやはり考えます。

 

フェアトレードって大切です。

 

エネルギーの正当な交換。

 

それは、世界中の人が豊かに幸せに生きるための仕組み。

 

 

上の写真は、最近仕上がったセーターです。

ヨーロッパなどに、ウール毛糸の買い出しに行きたい気分です。次回ドイツに行ったら、必ず毛糸やさんに行くつもりです!

 

だんだんと毛糸を置いているお店も、ここら辺では少なくなって来たので、残念で仕方ありません。

 

 

ウールが好きなのは、ひつじ年、牡羊座生まれに関係あるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

家の鍵をかけようと差し込んだら、なんの抵抗もなく、半分に折れてしまいました。

まるで、スプーン曲げのようだったので、私何かやったかな?と思ったくらいでした。

 

幸い、鍵穴の中に、破片が残らなかったし、娘が一緒にいたので、彼女の鍵を借りて、そのままホームセンターに行き、合鍵の注文をしました。

 

するとなんと、マスターキーが少し曲がってしまっているので、作れないという。。。

一本折れてしまったので、スペアがそのマスターキーしかないので、なんとかなりませんか?と言ったものの、無理だと言う。。。しかも曲がっているのか。。。どうしよう。

 

昨日は、ここのところ予定の合わない娘と、やっとお休みをとって、箱根の温泉に行こうと言っていたので、困ったなぁと思いながら、小田原で鍵を作ってくれるお店を探してみよう、、、ということに。

それで、もし無理だったら、ホームセンターに勧められた鍵屋さんに予約をして行くしかないか。。。と。まずは小田原に。

 

一軒目のお店では、まず鍵を出して、話そうとする間も無く、「それはうちでは出来ない」とあっさり冷たーく言われ、「どこか他にありますか?」と聞くと、「ラスカの中に一軒あるけど」と。。。

 

娘と、「ここではなかったね」と、がっくりしながら、ラスカへ。

 

そこの小さなカウンターにいたおじさまに「こんにちは、鍵のスペアを作りたいのですが、マスターキーが少し曲がっていて、しかもこれ一本しかなくて、、、」というと、そのおじさまは、スッと立って、近づくと、「期待してはいけませんよ」と少しにっこり微笑みながら、鍵をみる。

 

「期待してはいけませんよ」ともう一度言いながら、もう作業に。。。

作業しながら、鍵のことをいろいろ教えてくださる。私が、「他のところでは、無理って冷たく言われたので、涙出そう。。。」と言うと、「これ一本しかないんでしょう、そう言われたらやるしかないよね。」と。

 

そして、出来た鍵を差し出しながら、もし、抜けなくなったときにどうやって抜くかを教えるから、、、と、デモをして、教えてくださいました。

それから、もし、次に鍵を付け替えるなら、こうしたらいい、なぜなら、、、と言うアドバイスまでしてくれて。。。

 

娘と、感謝しながらお礼を言って、帰り道、「あの人だったね。あー涙出そうだったね、あの人は素晴らしい人だね。やはり、仕事は人間性だね、だって、またあのおじさんに頼もうって思うもの。。。」としばらく感動しながら話していました。

この時に、鍵が実際入るかは、わかりませんでしたが、もうこのおじさまに会えただけで、なんだか安心して、満足でした。

 

そして、鍵は開くかわからないけど、ホッとして箱根の温泉に行きました。

 

そこにあるお蕎麦屋さんが好きなので(上の写真がエントランス)、お蕎麦屋さんに行き、暖かかったので外のデッキの席に座り、川と山を見ながらお蕎麦を食べて、お風呂に入り、私は母の手術から少し体の疲れを感じていたので、マッサージにも行き、少しお昼寝。。。カフェにも行ってのんびりと。。。。。。

 

そして、家に帰り着く少し手前で、「そうだ、鍵は開くかな?」と思い出し、そーっと差し込んでみると、、、、

 

ちゃんと開いたのです!

 

「すごい!」

 

またあのおじさまの顔が浮かんで、「ありがとう!」と言葉が出ました。

 

昨日は、それ以外にも、温泉でいつもお掃除をしながら、しっかり見張り?をしている従業員のおばさまの素晴らしさ、温かさと、またまた番頭さんの「いらっしゃいませ」「行ってらっしゃいませ」と言いながら、しっかりお客さんの顔を見るあの感じ、そして、マッサージ師さんの、体を感じる力。カフェの方の、滑らかな動きにも感動した日でした。

 

人間の秘められた力を、しっかり使って生きている人たちに会うと嬉しいです。

私も、そうありたいと思います。

 

 

 

 

 

choice

数ヶ月前から、以前にも増して、SNSの投稿を読むのをほぼやめ、勝手に入ってくる情報を制限し、自分から必要なものだけを選ぶようにしたら、一段と感覚がクリアになったのを感じます。

 

そうすると、今の自分のバイブレーションにあったものだけにチャンネルが合ってきます。

 

どんなことにも当てはまると思うのですが、自分がセンタリングしている(三位一体になっている状態)(今に在る状態)でいると、全てはシンプルでクリアーで、軽やかになる。

 

まるで、磁石になったように、自分のエネルギーのバイブレーションが、それに合ったものを引き寄せる。

だから探さなくても、向こうから現れて来る。

 

そんなことをよく感じています。

 

いつもクラスの最初に、私が言う言葉、「今の自分の体と呼吸を感じてみてください」

体も呼吸も心の状態も、いつも同じではないことに気づいて欲しいから。

 

毎日、毎瞬、今の自分から選ぶ。

 

いつもの自分、いつもの好み、いつもの。。。

 

という、慣れ親しんだ 幻から、今 というリアルに視点を移す。

 

コンセプト(考え)からではなく、本質からの声を聴く。

 

それが出来るか、、、というより、それを選ぶか。

 

今、自分は何を感じてる?

 

誰かがどう思うか、誰かにどう思われるか ではない。

 

そして、自分が自分に対してするジャッジメント、、批判、ダメ出し、、それが自分自身を一番傷つける。

 

誰かに傷つけられるよりもずっと深く。。。。それに気づいて欲しい。

 

聴く音楽も、着る服も、食べるものも、見るものも、観る映像も、そこから発せられているのは、全部エネルギー。

どのバイブレーションを選ぶかで、自分という人間のエネルギーに及ぼす作用は全く違う。

 

自分を大切にする。

 

そのためには、自分を知ることが必要になる。

 

だからヨガでは、「自分とは一体何か?」と問いかけ続けなさいと言われているのです。

 

本当の自分、、、が腑に落ちてこなければ、ずっと幻の中(苦しみの中)を生きていかなければならないから、自分で自分を苦しませ続けていることに気づけないからです。

 

 

 

さて、先週も、都内からこの湯河原の山の上まで、何人か生徒さんが来てくださいました。

セミナーにも、またたくさんの方が参加してくださり、みんなで影響し合ってこの場を創っているのを本当に感じます。

私がいつも言っている、宇宙と、私と、生徒さんたちのコラボです。

毎回、アルケミーが起こります。

 

山の上にいる私のところへ、クラスを受けに来てくださる方たち。。。。。本当にありがとうございます。

 

何かを学ぶときは、自分の中を空っぽにして、自分の考えをすべて置き去りにして、意識をフルオープンに、そして、柔軟でいない限り、何も学ぶことはできないと私は思っています。

そうではない人に何かを伝えることは、とても難しいことです。

 

なので、私は、ジョークのように「一年は私に騙されるつもりで、何も考えずやってみてください」と生徒さんに言っていますが、

「空っぽになって、私が言ったことを実践してみてください」「丸ごと本気でやってみて」という意味です。

 

4月7日(日曜日)から月一Sunday Training Class を始めます。

単発でも受けていただけます。継続すると、アーサナだけでないヨガが自然に深まっていくようにTeachingします。

これからヨガを始めたい方、インストラクターになりたい方、インストラクターだけど自信が持てない方、ヨガを深めたい方、どんな方でも受けていただけます。

4時間のクラスですので、遠方の方で、毎週来れないという方にもヨガをトータル的に学んでいただけますので、おすすめです。

 

19日(火曜日)は今月2回目のヨガコンタクトセミナーもあります。

12日(火曜日)はパワーフローヨガのクラスです。

 

詳細は、お知らせのページに書いてありますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

季節の変わり目ですね、体の声をよく聴いてお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

心の世界から気づきの世界へ

庭に育っている野菜のお花が咲いて来て、可愛いのでそのまま咲いていてもらって、時々摘んで、食べています。

 

菜の花は、さっと茹でて、刻んで少しの塩と白ゴマと一緒に、ご飯に混ぜて菜の花ご飯にしたり、スープに入れたり、サラダにしたり。。。

 

お花を食べるのは、子供の頃から、母がずっとやっていたので。

母の教え通り(教えられてはいませんが)スミレの花やルッコラの花、ツツジ、ハルジオンなども食べますよ。

 

さて、今日のクラスで、生徒さんからのご質問を受けて、話していたときに湧いて来たイメージが、ヨガを学ぶのに役に立ちそうな例えだと思いましたので、今度のセミナーでも話すかもしれません。

 

最初の部分は、よく小学校でヨガを教えているときに、子供達にお話しすることなのですが、そのときは、幸せについてのたとえ話として使います。

 

それは、こんな感じです

 

あるところで3人の人が同じ山を見ていました。

 

同じ場所で、同じ時に。

 

一人目の人は、「あー山だな」と思いました。

二人目の人は、「あーなんて綺麗な山なんだろう、天気もいいし最高だ」と思いました。

三人目の人は、「なんだ、ただの山じゃないか」と思いました。

 

みんな同じ状況で同じものを見ていたけれど、経験が違うね、なんでかな?

 

子供達は、「心が違う」と答えてくれます。

 

私は、それを受けて、「幸せは、状況ではなくて、自分次第なんだよ、自分の心次第、見方次第なんだよ、、」という風にお話しします。子供達にわかりやすいように、もう少し長く色々お話ししますが。。。

 

、、、、と、ここまでは、心(考え)の世界の話。

 

 

しかし、、、、ヨガをやっていくと、この後に、四人目の登場人物が現れます!

 

なぜなら、スートラに書いてあるように、

 

「ヨガとは、心の作用の止滅」 ですから。

 

この四人目の人は、心(思考)の世界を超えた視点を持っています。

 

心(考え)を超えた、気づきの世界 から、ありのままを感じることができる人です。

その人には山がどんな風に見えるのでしょう?山の前にいる時何を感じているのでしょう?この人にとって、その山とはなんでしょう?

 

私たちは、この四人目になります。。。。。と。

 

それを今日のクラスで生徒さんにお話ししていました。この先は、セミナーなどで、直接お話ししたいと思います。言葉の意味を取り違えて欲しくないと思うと、書きかたがとても難しい。

もし、自分で、うまく短い翻訳ができたら、ここにも書きたいと思いますが。

 予告編みたいですみません。

 

 

今月はヨガコンタクトセミナーが二回あります。

明日と、19日です。11:30〜13:00

ご予約受け付けています。

お月謝の方は、一回分でカウントできます。そのほかの方は、¥2000です。

 

 

 

 

Sunday Training Class

昨日お知らせいたしました、4月から開催するSunday クラスは、すでに2名の方がお申し込みしてくださったので、開催決定いたしました。

 詳細はお知らせのページをご覧ください。

 

 

クラス内容は、昨日お知らせした通りですが、長期的なトレーニングとして活用していこうと思います。

 

単発でのご参加でもOKです。毎月一回日曜日に開催します。

 

このクラスを継続して受けていくと、自然にヨガを、他の人にも伝えていけるようになる、、、というレベルでやっていこうと思っています。

 

なので、アーサナもいろいろなスタイル、いろいろなポーズを練習していきます。アーサナクリニックで、正しいポーズの取り方と、調整を学びます。そして、呼吸法と、いまに意識を開くメディテーション。ヨガコンタクトセミナーでやっている、今に在るプラクティスと、レクチャー。

4時間に詰め込みます。

子育て中のお母さんでも、4時間ちょっと、誰かにお子さんを預けて来れるように、日曜日。

 

 今、日本中にヨガクラス、ヨガスタジオは数え切れないほどあると思うけれど、資格も誰でも取れるけど、本当に、ヨガの果実、恩恵を受け取るまでに学べる場所はどれだけ在るんだろう?

 

 「ヨガとは、すべての苦しみを取り除く道である」「ヨガとは心の作用の止滅です」「すべてと自分がひとつに繋がっている感覚」「本当の自分とは何か」、、、こういうことを理解し、それを生きていけるように導いてくれるクラスがどれだけあるのだろう?と思うのです。

 

世界中で、宗教に入っている人たちがこんなに多いのに、平和にならないのと同じように、世界中でヨガをしている人はとても多いと思うけど、平和になってない。。。。強い言い方かもしれないけれど、それは、その教えを生きていない人が多いからだと思います。実践していないから。

 

頭で知っているだけで、それを生きていなければ、なんの役にも立たない。腑に落ちていなければ何も変わらない。

 

 

ヨガとは、意識の目覚めへのトレーニングです。本当の自分を思い出すこと。

それがヨガの目的ですから。

 

自分のために。

自分がそれを生きるために。

自分が幸せで在るために。

 

 

自分が作り出している苦しみに気づいて、パターン化した思考から解放されていく、気づかなかった喜びや豊かさ、恵みを日々受け取って生きられるようになるために。

 

そして、それが身についていけば、その人は自然に、なるつもりはなくても、いつしか伝える人になっていく。ヨガの先生ではないかもしれないけれど。

その時が来れば、自然に。その人の在り方が、誰かを導く。

もしヨガの先生であれば、この人から受け取りたいと思われる先生になっていくと思うのです。

 

 

 

私は、ヨガヨガと言っていますが、ヒーリングスクールでエネルギーのことを学んだ8年間と、今現在は、Eckhart Tolle School of Awakening で学んでいるというバックグラウンドがあります。

これからも、ヨガという枠を超えてお伝えしていきますので、ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね。

 一緒に楽しく学びましょう!

 

参加ご希望の方は、詳細をご覧になり、お申し込みください。

 

 

 

 

 

 

SUNDAY集中クラス開催します

先日お知らせしていました、日曜日の4時間クラス開催日、決定しました。

 

 

 1回目は、4月7日開催

(募集開始いたします。)

 

10:00~14:00 4時間

 参加費6000円

定員7名

2名以上で開催いたします

(今、2名、参加希望の方がいますので、開催できると思います。) 

 

10:00〜11:30

 アーサナ

(ヴィンヤサスタイル)

11:30〜12:00 

アーサナクリニック

(ポーズの修正、アーサナ時の呼吸の仕方など)

12:30〜14:00 

ランチ30分程

Yoga Contact セミナー

今に在るプラクティス実践編                                         

Meditation

 

*集中的に、ヨガを身につけていくためのクラスです。遠方からの方も、4時間集中クラスなので、学びやすいかと思います。参加者がいれば、1〜2ヶ月に1回ペースで続けていきます。遠方の方でも、月に一度集中的に学び、その間は自主練がしっかりできるように指導していきます。

 

 

キャンセル料

前日50%

当日100%

 

*これからヨガをやってみたい方、ヨガを始めて間もない方でも、ご参加いただけます。

 

*お名前、メールアドレス、ご住所、生年月日、携帯電話番号をメールしてください。chiho.artyoga@gmail.com

上のバナーのe-mailのところから送れます。

 

*お昼の軽い食べ物と、お飲み物、着替え、ヨガマット、筆記用具をお持ちください。

 

本日より、募集開始いたします。

 

 

 

Yoga Contactのクラスについて 

Yoga Contactで受けられるクラスについて、もう一度ここにまとめて書いておこうかなと思います。

 

トップページとお知らせのページを開いていただくと、全部書いてあるのですが、ブログしか読まないという方もいるようなので、確認のために。

変更しているところもあるかもしれませんので、生徒さんも目を通してね。

 

*レギュラークラスは、週に6〜7回 Slow Flow Yogaと土曜日夕方のリラクゼーションヨガ、月に一度のパワーフローヨガがあります。どのクラスでもどなたでも受けていただけます。前日までにメールでご予約お願いいたします。定員は8名です。

こちらは、お月謝と、その都度のお支払いで受けられるドロップイン、マンスリーパスの3つを設けています。

 

*個人レッスンは、アーサナのみのクラス(カウンセリングはついていません)

 

*トータルヒーリングヨガサポートは、アーサナ、呼吸法、メディテーション、ヨガの教えについて、ヒーリング、カウンセリング、などを、その方のニーズに合わせて、ご自由に組み合わせて受けていただくことができます。

最近は、これを受けてくださる方が多くなりました。そして、変化が一番早いです。遠方の方で、何度もクラスに来れないという方にもとてもオススメです。

このクラスだけは、メールでの1ヶ月間のアフターフォローがついています。

 

*ヒーリング(ハンズオンヒーリング)は、エネルギーの浄化とチャージが必要なときのサポートです。定期的に受けると、エネルギーの通りと巡りが良くなり、ご自分のバランスが取れた状態がわかるようになります。

 

*スーパーヴィジョンは、インストラクターの方たちが、お仕事上での様々なことを相談できる窓口です。メールでのご質問におひとりおひとりお答えすることは、エネルギー的にも時間的にも、難しいので、この枠を設けました。

今まで、たくさんのインストラクターの方たちが、活用してくださっています。

質問をあらかじめノートに書いてきてくださると、時間が有効に使えると思います。

何度も受けやすいように料金の設定をしていますので、メールでの相談ではなく、こちらをご予約ください。

ひとりで悩まず、ぜひ活用してくださいね。

場合によっては、skypeやFacetimeで、遠隔でもお受けできます。

 

*ワークショップと指導者養成コースは、ブログと、トップページ、お知らせのページに告知いたします。Yoga Contactでは、2017年より、IYCケン ハラクマ先生から承認を受け、IYC Slow Flow Yogaとラジヨガの指導者養成コースを年に何度か開催しています。

開催日程のリクエストも受け付けております。

 

どのクラスも、初めての方は、このホームページからお申し込みいただけます。ページ一番上のバナーにe-mailと書いてあるところを開くか、トップページから入ってください。

 

クラスの始まる前は、準備などで電話に出ることが難しいです。メールも返信が遅れる場合がございますので、前日までのご連絡をお願いしています。2日経っても返信がない場合は、再度送信してみてください。

 

●クラス料金につきましては、トップページとお知らせのページをご参照ください。

レギュラークラス以外は、当日のキャンセルは100%のキャンセル料をお支払いいただきます。ただし、キャンセルではなく、事情があり延期されたい場合は、前日までにご連絡いただけましたら対応いたしますので、お早めにご連絡ください。

ワークショップと、指導者養成コースは、別の設定になっております。

 

春になってきて、ヨガを始めてみたいな!という方も、ぜひご参加いただけたら嬉しいです。

初心者でも大丈夫です。

 

やってみたいな。。。。

 

それだけで。

 

まずは、一歩。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学校のヨガ*卒業記念講演

きょうは、いつもヨガを教えに行っている小学校からのご依頼で、6年生に向けた「卒業記念講演」をさせていただきました。

 

いつもは、全校生徒と先生方ですが、きょうは6年生と先生だけ。

 

いつもは、30分くらいですが、きょうは1時間半いただけて、アーサナだけでなく、呼吸法、瞑想もやりました。

 

子供たちは、実は瞑想が上手です。

頭の中が大人ほどうるさくないからというのと、素直だから(笑)

 

ご依頼書に、テーマを書く欄があって、何にしよう???と思った時に、ふと出てきたのが「幸せについて」。

事前アンケートでは、毎回そうなのですが、ストレスをどうしたらいいかという相談がすごく多い。

そして、中学生になることへの不安。

 

なので、やはり、これ「幸せについて」にしよう!と思ったのです。

 

ストレスも不安も、「今 幸せで在る」 という状態にどうやったらなれるかということを伝えていけば、結果的にそれについての答えが出るからです。

子供はダイレクトに受け取ってくれる。

 

きょうは、わたしが少しアーサナのデモンストレーションをして、呼吸と動きが一つになっている状態を見てもらいました。そのあと、三位一体になっている状態について少し話して。。。

呼吸と、体の中を感じる練習。それから、ちょっときついアーサナをみんなで少しやって、シャバアーサナをヨーガ二ドラのようにガイドして行い、そのあと、起き上がって、瞑想のガイドをしていきました。

しばらく座っていると、どの子の表情も柔らかくなり、落ち着いてきて、深く内側を感じているのが良くわかりました。

 

子供たちのコメントは、「瞑想していたら、さっきまで悩んでいたことがどこかへなくなった」「体の中が暖かくなった」「シャバアーサナで眠れた。でも家では夜あまり眠れないからびっくりした、なんでですか?」など、、、。

 

今日のシャバアーサナは、5分程度、瞑想も5分くらい。

短いその間に、いろいろ深く受け取ってくれた子供達。

 

実は、クラスを始める前に、少しざわついていたので、お話をしたのですが、「受け取る気持ちがないと、受け取ることはできないんだよ」「ただなんとなく、話を聞いて、ただなんとなく、ヨガをして、、、だと、ただ何と無く何かやったな、くらいしか受け取れない。今どんな経験をするかは、自分次第だからね。人生もそう。」

「千帆先生は、伝えたいことがたーくさんあるけど、受け取るかどうかは自分次第だからね。今日がみんなとは最後のヨガクラスだよ」と。

 

こちらが本気です、、、ということを伝えると、子供達もその体制になる。

そして、集中して、楽しくなる。

 

写真のお花をいただきました。

 

シャバアーサナから瞑想が終わるまで熟睡していた2人の男の子。

可愛かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Midoriさんの歌

 

 先日、ライブで、シンガーのMidoriさんが歌ってくれた、私の絵本『ちいさなほしのかけら』。。。

Fasebook page(Chiho Katsuyama)にアップしていいと許可をもらったので、曲の一部ですが、ぜひ聴いてください。

このホームページに、私のFacebook pageがリンクしてあります。

Homeの一番下と、profileのページの一番下にあるはずです。

絵本の紹介は、profileのページに載せてありますので、ご興味のある方は是非あわせてご覧くださいね。

Facebook pageの方は、コメントできますので、よろしければ、ご感想などは、そちらに是非。。。

 

 

 

 

感情、特に怒りの取り扱い方

セミナーではよくお話ししているテーマですし、以前も書いたと思うのですが、怒りについて。

 

きょうは、レギュラークラスでしたが、寝るポーズを瞑想に変更しました。

 

私がガイドするのは、今ここに在る という感覚を強めていくための瞑想の仕方ですが、そのメディテーションの後、そのままシャバアーサナに入ってもらいました。

 

その後に、生徒さんたちが話してくださった体験、気づきが色々あり、そのひとりが、瞑想の時と、シャバアーサナから起き上がった時に、数日前に感じた強い怒りについての気づきがあったと伝えてくれました。

 

気づくということは、もう本当にパワフルな癒しです。

 

 

先日、私も、怒りの実験をしたところですが、怒りでも何でも、今ここで感じている感情(のエネルギー)だけを、誤魔化さず、しっかりと、自分の中で感じているのを認めて、見続けていると、(感じ続けていると)その感情のエネルギーが消えていくのに、数分しかかかりません。もっと短い場合もあるくらいです。そのあと、軽やかになるのでわかるはずです。

 

でも、では、人は何で、怒りをいつまでも感じてしまうのか、、、、。

 

それは、つかんでいるから。

 

感情のエネルギー自体ではなく、それを自分に感じさせた相手や状況に対し、自分の考えをくっつけ、その人や、状況を頭の中で悪者にしていく作業が、掴む(つかむ)と言うことです。

 

多くの人が普通にやってしまっていることです。

その嫌だった体験やその人について、何度も考えたり、誰かに話し、聞いてもらい、気持ちを落ち着かせたり、、(グチをいうと言う行為ですが、、、、)。

 

誰かに話すと言うのは、その状況を思い出さないと、できないことなので、何度も何度も、嫌だったことを思い出し続け、忘れないようにしていると言うことです。

 

無意識にですが、「忘れたくない、忘れてたまるか」と思っているわけです。

 

だから、いつまでも、苦しい。

 

ではどうしたらいいか、

 

最初に書いたように、その感情を起こした人や状況は関係ない。。。。

(ここが最初は難しいでしょう、エゴがあるから)

もちろん、状況によっては、ノー!と言ったり、対応する必要がある場合もあるかもしれませんが、大切なのは、そのあとです。

 

もし、今、自分が感じている、その感情をどうにかしたいのなら、外(人や状況)に意識を向けない。

自分の感情だけを感じる。認める。そこに意識を向ける。

そして、思考をくっつけない。

特に、いい、悪い、と言うジャッジメントから離れる。

そして、ただ認めて感じていると、そのエネルギーは変化していきます。

すごく早く。

 

そして、忘れられる。

感じさせてもらえたと、自分の深いところが満足して安心するから。。。

 

覚えていたいと思うのは、エゴでしかありません。

 

誰かが、その人のその時の考えや気分で、何かを口走っても、それをいつまでも気にするなんて、意味がありません。だいたいは気分的なものが多いでしょうし。

 

自分のために、感じたら、忘れてしまうのが一番いい。

 

私が好きな インドのグルの言葉で

 

「あなたを傷つけたかもしれないその人は、あなたと同じように、未熟な、ただのひとりの人間なんです。許して、忘れて、祈りなさい。」

 

と言うのがありますが、私は何年も前にこの言葉を聞いた時に、ハッと目が覚めました。

 

だって、私は、「私も未熟なただのひとりの人間だ」と言うことを、忘れていたからです。

すっかり棚の上に上げていました。

 

それからは、何だかとっても気が楽になり、この言葉は私の中に生きています。

 

ここに書いたことを読むだけでは、腑に落ちない方も多いでしょう。

わかったつもりにならない方がいいとも思います。

 

セミナーや、クラスで実践をしながらお話ししています。

 

3月のセミナーは、7日木曜日と、19日火曜日 11:30〜13:00です。

ドロップインは2000円です。

個人レッスンも各種、トップページとお知らせのページをご覧ください。

前日までにメールでご予約ください。

 

 

 

 

 

creation

ここのところ、外に出て、人に会うことが多いです。

 

昨日は、シンガーのMidoriさんが、私の絵本「ちいさなほしのかけら」に曲をつけたものをライブで歌ってくれるというので、聴きにいきました。

前に一度だけ聴かせてもらったその曲、、、、。ピアノの弾き語りです。

 

とても素敵です。

 

私は以前から、Midoriさんの声も歌い方も曲も大好きなのですが、しばらく子育てで忙しくて歌っていなかった彼女が、また活動を再開してくれたことがとっても嬉しい。

 

昨日は、その曲と、もう一曲、私が詞を書いた「ひとつの世界」という曲を歌ってくれました。

それは初めて聴いたのですが、10年くらい前に書いた詞です。

詞は、記憶に在るのですが、歌になるとやはり、新しい命が吹き込まれたようで、新鮮です。

 

何だかとっても、幸せなひと時でした。

 

これから色々なところで歌ってくれると思いますので、またお知らせできたらと思います。

 

そして、今日は、インド帰りの友人と久しぶりに会って、命や魂や、私の創っている本について、深く語り合いました。

 

 

、、、、、と、ここまで書いて、昨日は寝てしまいました。

 

そして、今日は、もう15年くらい前から作業をしている本の打ち合わせでした。

この本が、いい形で出たら、思い残すことはないかも、、、、と思うくらい、私の長い間の夢です。

 

何度も、もう無理かな、、、、と、立ち止まってしまっていた本ですが、強力な助っ人が現れて、現実化に向けてみんなで話し合っています。

 

まだまだ作業はありますが、光が見えてきました。

 

そして、どうしても、英語版も作りたいと思っているのですが、昨日のインド帰りの友人に、翻訳をお願いしたら、この文章はアートだから、本当に、この深い意味がわかって、その意味を、美しい文体の英語に乗せられる人はなかなかいないよ。。。僕には無理です。。。と言われました。

 

そう、翻訳って、英語ができればできるものではないのです。わかってはいるのですが、、、、

でも、彼なら、感覚が似ているし、ハーバード大学出ているし、ずっと海外に住んでいたし、お願いできたらいいなぁと思って聞いてみたのですが、、、、フラれてしまいました。

 

まぁ、でも諦めず、アンテナ張っておこうと思います。

 

このように、今週は、久しぶりに、クラス以外でたくさん人に会う日々が続いています。

 

 

 

 

 

 

 

受け取る

私は、時々、お気に入りの箱根の温泉に行きます。

そこには、マッサージルームがあるのですが、

ずっとその存在には気づいていませんでした。

 

2年前、大切な人が亡くなった時に、自分のヒーリングのために、温泉に通っていて、発見しました。

 

でも、普段は、ヨガで整えられるので、この2年間で、5回くらいしかマッサージは受けていないのですけれど。。。。時々、エネルギー的にメンテナンスが追いつかないときや、忙しすぎた時など、人の手を借りるのもいいなと思っています。

 

3回目くらいで、当然のことながら、上手い人と下手な人がいることがわかりました。

 

そして、指名ができるということを知り、一番自分が上手だと思う方を、指名することにしました。

もちろん、指名料金はかかりますが、上手だとわかっている人にお金を支払う。その人のスキルをリスペクトしてお支払いする。

一番いい、エネルギー交換だと思います。

 

自分を大切にするために。

 

私もそういう先生でありたいと思います。

 

そこに生まれるのは、循環です。

指名した私が受け取るもの、、、と、指名された人が受け取るもの、、、そこに生まれる循環のエネルギー。

そこには、「誰でもいい」ではなく、「この人に支払い、(受け取ってもらいたい)、この人から受け取りたい」という、コンタクトがあります。

 

この温泉には、小さなカフェもあるのですが、カフェの方とも仲良くなって、時々話します。

このカフェの雰囲気も、働いている人も、音楽も、私を満たしてくれるものです。

だからそこに、お金を払う。払いたい。

 

お店だから、もちろん当然のことですが、これも、先日ブログに書いた、受け取ると、与える(手放す)のエネルギーで、自分がどんな風にエネルギーの交換をしているか、日常的に観察してみると発見があると思います。

 

お金の使い方も、イコール、エネルギーの使い方ですから。

 

絶対に損しないように!とか、どっちが得か!で選んでると、豊かさは循環しません。

 

写真は、Yoga Contactのヒーリングベッドです。

エネルギーの受け取り体制ができている人には、スーーーーーーーっとたっぷり入っていきます。

 

 

何をするにしても、もらいたい!奪いたい!取ってやる!的になっていると、

結果的には、たくさんのものを失います。

 

 

エネルギー

 

自分が発したものを、自分が受け取る。

 

因果応報

 

 

 

 

 

 

今日は、 spiritual awakeningのページも書いています。

 

 

 

 

 

 

 

写真は暗いですが、湯河原美術館の、お庭の桜。

池に落ちた花びらがきれいでした。

 

ここのところ、とっても寒い日が続いていますが、今週も、連日、満席近く生徒さんがきてくださり、みなさんのやる気に感動しております。

昨日は用があり、鎌倉に行きましたが、一瞬ですが大雪になり傘を買いました。鎌倉の雪はなかなかいい感じでしたが、とても寒かったです。

 

土曜日の今日も、都内からの生徒さんもきてくださり、よく動きましたね。

 

そのあとは、トータルヒーリングヨガサポートで、ヒーリングもさせていただきました。

何度も受けてくださっている方なので、変化が感じ取れて、嬉しいです。

 

来るたびに、エネルギーが落ち着きを増し、安定し、グラウンディングされ、より、ありのままのその人になっていく様子を見るのは、喜びです。

 

きょうは、このあともうひとつ、リラクゼーションヨガのクラスがあります。

 

夕方の空気感、空の感じ、、、、春になってきたな〜と思う瞬間が増えました。

 

寒いですが、空と空間のエネルギーが柔らかくなって、春が少しずつ始まっています。

 

クラスの時間になりましたので、また書きます。

 

 

 

 

 

 

 

Sungha Jung

きょうは、音楽の話題。

 

朝はいつも、だいたい、ヨガの練習や、メディテーション、庭仕事から始め、クラスのある日は、来る生徒さんのエネルギーに合わせて準備をしたり、掃除をしたり。

静かに、自分のエネルギーを整えることをしています。

 

でも、今日はなんだか、珍しくJason Mrazの曲を聴きたくなって、YouTubeで検索していました。

たまには、音楽聴きながら掃除しようかな、、、と。

 

そして、見つけたライブのVideo。。。。

 

これがいいかな、、、と見ていると、ゲストギタリストとして出ていた、韓国人の20代くらいの男の子がなんだか気になる。。。。妙に落ち着いているし、うまい。

オーラというか、何かエネルギーがすごく気になるので、他のVideoも探してみると、その男の子が10歳くらいでJason MrazのI'm yours.をカバーしてYouTubeに載せているのが出てきました。うますぎる!天才だわ!と思い、ギターのことは全然詳しくないのですが、聴き入っていました。

 

Jason Mrazが話していましたが、YouTubeを見て、彼の演奏に感動し、ライブで一緒に演奏することになったようです。彼のように弾くのを何週間かかかって練習したよ!って言っていました。

インターネットってこういう風に、才能が発掘されるのに使われるところが素晴らしいなぁと思いました。

 

たくさんあるので、気になるものをいくつか見ていると、小さいその子が、プロのミュージシャンとセッションしているのがいくつか出てきました。

 

彼は、ピックを使わず、指だけで演奏しているのですが、動きがきれいです。

今は22か23歳くらいかな、うちの娘とあまり変わりません。

たくさんいろいろな曲のカバーを弾いている動画が見られます。

今では、オリジナルの曲もあって、CDも出しているプロのミュージシャンです。

お父さんが趣味でやっていたギターを習って、始めたそうです。それをYouTubeに上げ始めて、、、。最初に影響を受けたのは、日本人のギタリストだって言っていました。

 

私が中でもいいなと思ったのは、Trace Bundy と一緒に演奏している U2 とかMichael Jacksonの曲です。Billie Jeanもありました。二人は何度も一緒に演奏しているようで、とっても楽しそう。

10代の時の彼と、少し大きくなった最近の彼とのセッション動画もあります。

 

 

名前は、Sungha Jung

 

いろいろなミュージシャンの曲をカバーしているのに、全部  Sungha Jung 色になっているし、なんだかとっても透き通るエネルギーを発しているのを感じます。

 

午後、絵の仕事をしながらもずっと聴いていました。

 

 

韓国人や中国人のように、日本人も小さい頃から学校でもっと英語を、喋れるように学べるといいなと思いました。世界が断然広がるし楽しい!

(日本の英語の授業も変わるようですから、これからそうなって行くのでしょうけどね)

 

私は、小さい頃、ギターに憧れて、父の知り合いで、ギターを作る会社にいたおじさんからギターをもらいました。

でも、難しすぎて、ちゃんと習わなかったので、弾けません。Sungha Jungが魔法使いに見えます。

 

 

 

 

 

 

バランスについて

ここ半年くらい、受け取る と、与える の、エネルギーのバランスについて、気になっていることがあり、伝え方が難しいので、どう書こうかなぁと先延ばしにしてきたことがありますが、やはり伝えていこうと思います。

 

エネルギーというのは、「受け取る」と、「与える」のバランスが大切です。

 

ヨガでは、吸う息と、吐く息を同じ長さ、同じ深さというようにバランスを取る練習をしていきます。

 

吸うが苦手な人、吐くが苦手な人、様々ですが、時々、

 

吸う→受け取る

吐く→与えるまたは手放す

 

に置き換えてみて、とお話しします。

どっちが自分は苦手なのか?

 

もちろん、どちらがいいとかではなく、バランスが取れているかどうか。

 

先日も、スーパーヴィジョンに来てくださったインストラクターの方のお話を聞いていて、「このバランスが崩れているから、今苦しいんですよ。」というお話をしました。

自分がやっている(与えている)ことと、受け取っているもののバランスが取れていない。この方の場合は、与えるが、かなり多すぎでした。(誤解して欲しくないのですが、与えることが悪いと言っているのではなく、バランスが崩れていると、続けることは難しいし、エネルギーを消耗しすぎて、本当にやるべきことができなくなるという意味です)もちろん、受け取る、が多すぎの場合も同じ。

 

結果的に、いい状態で、いい関係で、仕事を続けられなくなってしまいます。

 

つまり、大切なのは、さまざまなレベルでのエネルギーの交換が適切に出来ているかどうか。

 

また、自分は、人のエネルギーや、思い、時間などをタダで奪っていないか。。。。

 

 

 

 

自分のエネルギーをどのように、何に使うか。

そもそも自分のエネルギーの使い方がわかっているか、もっといえば、エネルギーがわかっているか、、、。

ということになってくるのですが、、、、。

 

私の場合は、(適切なエネルギー交換ができるように)レギュラークラスの他にも、スーパーヴィジョンや、トータルヒーリングヨガサポートなど、窓口をいくつか設けています。そして、自分のエネルギーを大切に、適切に、最大限に使えるように気をつけています。

ちゃんと、ギブ&テイク = 交換をするためです。そして、交換は、循環になるのです。

 

 

自分のエネルギーの日々のメンテナンスも大切にしています。

 

 

ヨガを伝えている人たちに特におすすめで、何度も読んで欲しいのが、上の写真の本。

 

 

受け取ると、与える についても書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

3月のセミナー

3月のセミナーは、違う曜日のリクエストもありましたので、2回開催いたします。

 もちろん、両日ご参加もオーケーです。

 

3月7日(木)新月

3月19日(火)

 

11時半から13時

いつものようにメールでご予約ください。

 

どちらのクラスも、その前に9時40分からアーサナのクラスがありますので、続けてのご参加がオススメですが、どちらかだけでもオーケーです。遠方から来られる方は、トップページのアクセスのところにバスの時刻が載っていますので、ご参考にしてください。

 

 

*ヨガコンタクトセミナーは、

 

知識を貯めるためにではなく、

本当にそれを生きられるように、

人生に役立つレベルで、プラクティスを身につけるために開いています。

 

その先にあるのは、人生の様々な状況に左右されない、軽やかで喜びに溢れる、豊かな今を生きるということ。意識の目覚め。

 

頭が、知っている、、、のではなく、そうで在る、、、状態に。

 

学ぶのではなく、、、魂が、思い出す。

 

いつかではなく、、、今、腑に落とす。

 

それは、想像できるものではなく、、、、体験するもの。

 

比べるのではなく、共にエネルギーを高め合って、共鳴、共振していくために、仲間が集う場。

 

平和と愛と喜びの発信地となるようなコミュニティー。

 

それを意図しています。

 

 

 

お申し込みメールの返信を受け取った方は、どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

あまりに寒いので、去年の今頃ハワイ島に行った時の写真です。2月とはいえ、場所が違うとこうも違う。

 

さっき、朝のクラスを終え、お昼を食べ、仕事をしようと座ったものの、なんだか寂しい気持ちになって、やる気が出ないので、なんでかな?と感じて見ました。

そうしたら、寒くて冷えているから、体が緊張している、、、、と思い至って、昼間ですが、夕方のクラスの前にお風呂に浸かりました。

 

少し前から雪が降り始めています。

 

お風呂に入ったら、体の中が緩んで、寂しい感じがなくなりました。

 

昨日は、小田原で個人レッスンの指導を終えて、そのまま帰り道を右折。箱根湯本の温泉へ。

思っている以上に疲れが溜まっているのを感じたので、そんな時は即行動。

ゆっくりと、源泉掛け流し温泉の、エネルギーをチャージして、そこにある好きなカフェでホッと一息。自分の体の声を聴く。。。。大切なこと。

甘やかすとか、贅沢とかそう言うことではなく、今の自分をちゃんと感じてみる。

一番大切にしなくてはいけない人、それは自分。(勘違いしないでね)

 

そういえば、娘との会話で良く出る、身近にいる覚醒しているおじさんたち、、、、、について。

この温泉の番頭さんもそのひとり。目つきと、仕草と、出る言葉。

意識が目覚めてる。いろいろ見抜いてるな!って感じがします。

 

回数券を渡すと、一枚切り取り、「行ってらっしゃいませ!」と、笑顔で声をかけてくれるのですが、その顔をみると、私は心の中で、「はい、ちゃんと地球のエネルギーをいただいてきます!私を大切にします!元気になって帰ってきます!ありがとうございます!」といつも思います。

 

 

うちの雪見障子から、今日は本当に雪を眺めています。

まだ道路には積もっていませんが、お庭は白くなってきました。

リラクゼーションヨガに参加される方は、お気をつけてお越しください。

お部屋は暖かくしてお待ちしています。

 

 

 

 

 

エゴについて

写真は、この前のセミナーの後。

 

昨日、久しぶりに、いつもと違う美容室に行ったのですが、

テレビがついていて、ワイドショーが流れていました。

私はテレビを見ないし、最近はFacebookのタイムラインも読まなくなっていたので、しばらくその番組から流れてくる人たちの話を聞いていたら、エネルギーの荒さと重さに、とても気分が悪くなってきました。

 

これも、毎日見ていたら多分慣れてしまうのでしょうが、はっきり言って異常です。

 

よく聞いていると、コメンテーターや、司会の人たちは、自分たちは「正しい人」という位置に、そして、問題の人たちのことを「悪者」に、どんどんしていきます。「なんでこんな事件が起こったんでしょう」「信じられません」と暗い声で怒りを込めて話しています。

 

どの人の中にも、怒りや嫉妬や、暗い感情が在るはずなのに、自分のそれはさておいて(思いっきり棚にあげて)人を悪者にして行く。

やっぱり、ワイドショーって、気持ちの悪いエネルギーだなぁと思って、もうこの美容室には来れないかも、、、、テレビついてるし。。。と思っていたら、なんの話からか、美容師さんが、いつも愚痴ばかり言っている というお客さんの話をし始め、いつの間にやら、そこでヨガの講義をしていた私。。。。。

 

美容師さんは、最初は、そのお客さんに、なんとか変わってもらいたいと思っていたようですが、私と話している途中で、「あーーーこれ全部、人を変えたいっていう自分のエゴってことですね!自分が正しくて、その人が間違ってるって言う。。。。恥ずかしい!」と、気づいて驚いたように、叫んでいました。

 

私は、「いやいやみんなやっている普通で異常のことですよ。でも、全部自分のエゴか!!!って気づいたら、がっかりするけど、そのうち、笑えてきますから。。。。何やってたんだろうね今まで、、、って。

みんな自分(のエゴ)を守るために、他人を悪者にしてますから。私もずっと疑問も持たずに、そうしていたし、それがある意味普通です。でも、気づくと異常なことですよね。

 

でも、そのエゴに気づいて、それするのやめたら、もっと軽やかに、幸せに豊かな人生送れますよ。。。。。と言いました。

 

美容師さんは、「いや笑えませんよ、恥ずかしい。。。。」としばらく落胆していましたが、そのうちやっぱり、笑い始めました。

 

「ほらね、笑えるでしょ」

 

そして、シンプルな地味なプラクティスを伝授してきました。

 

「これ、失敗しながらでも実験だと思ってやってたら、その人が目の前で変わるか、もう来なくなるかです。どちらにしてもいいじゃないですか?今のままより」

 

すると、

「難しそうだけど、やります!」

 

と美容師さん。

 

気づくってすごいことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Yoga Contactセミナー

きょうは、月に一度のヨガコンタクトセミナーでした。

 

セミナーを始めたのは何年前だったか忘れてしまいましたが、ずっと最近までは、ごく少人数の集まりでした。

それでも、私は、これがいちばん大切なクラスだと思っていましたので、たとえ一人の生徒さんしか来なくても続ける覚悟でした。

 

直感的に始めて、地味に月に一度開催してきたセミナーでしたが、今回は、今まででいちばんたくさんの生徒さんが、参加してくださいました。

インドで養成コースに出てくださった、生徒さんも都内から来てくださって。茅ヶ崎の生徒さんも。

 

この1ヶ月で私も色々深いレベルでの体験があり、エネルギーがまた大きく動いているのを感じています。

現在在籍している、スクールのウェブクラスもアメリカで始まりました。

時差があるので、4日間のリトリート最後のクラスは、日本時間の午前3時。

 

それを受け終わり、次の朝、庭に出て、朝日を浴びていたら、自分の内側から喜びと至福感がスパークしてくるのを感じました。

私たちはみんな繋がっている一つの意識なんだ。。。。それが体全部で感じられるということほど満たされる感覚はありません。言葉にはできない感覚です。

 

 

ここ二週間ほどで、『今に在るプラクティス』を続けてくれている何人かの生徒さんから、意識の目覚めを感じる体験が、メールで送られて来たり、クラスにきてくださっている方たちからも、プラクティスを続けているご報告をいただいて、グループでのエネルギーの上昇を感じ始めていたところでした。

簡単ではないけれど、そのシンプルな地味なプラクティスを、私を信じてやり続けてくれていることに、本当に感動します。

 

自由に軽やかに豊かに喜びを感じて毎日を生きるためには、

知識ではなく、実践しかありません。

99%プラクティスというグルジ(パッタビジョイス氏)の言葉の通りです。

 

ここに書いていることは、儀式的なことだとか、宗教的なことだとかそういうことでは全くなくて、自然に大元(おおもと)根源と繋がっていることを思い出すという感じのことです。本当の自分を思い出すということです。

その気づきが、今、世界中で起きている。

日本ではまだ感じられないかもしれませんが、世界は少しずつ変わり始めています。

 

無意識なパターンで生きるということから卒業して、エゴのない愛を体験していく。。。

ヨガの言葉を借りれば、マーヤ(幻)から目を覚まして、サマーディを日常的に生きるということ。

 

今日のクラスでは、とても苦しい状況の中で、プラクティスを続けて、ブレイクスルーした生徒さんたちからもお話をしていただきました。

私が一方的に話すよりも、体験談を聞くことで腑に落ちてくることがあると思ったからです。

 

まだまだ小さなコミュニティですが、ハートの声を信じて続けてきてよかったなと、今日は本当に感じました。

 

毎月一度開いていますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

根気のいる、地味なプラクティスだからこそ、仲間がいることが大きな支えになります。

 

今日ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

 

 

feel center and move from center

寒いので、家の中で移動しながら仕事しています。山なので、寒いです。

 

私は寒がりなので、ドイツの家のように、家の中が全部いつでも暖かいのが本当は希望です。

 

外は雪でも、家の中では長袖のTシャツ一枚でいられるのは、本当に楽で、仕事もはかどるし、体も凝らないし、いいなぁと、それがドイツの冬に最大に感じたことでした。

 

あれ以来、私の夢は、冬でも暖かいお家とスタジオ(笑)。

 

今朝、ヨガの朝練をしていた時に、(今朝だけではなく、よくあるのですが)集中すればするほど、思考が鎮まれば静まるほど、直感がバンバン降りて来て、途中で書き留めたりしていました。(これは、考えごとをしていて何か思いつくのとは違う動きです)

 

アーサナをしていて、一番最初に来たのは、合気道を教えていたBerndがよく言っていたこと。「center(中心)を感じて、(center)中心から動く」そして、私が今朝メモった時に加えた言葉を入れると、「centering(中心を決めて)、center(中心)を感じて、center(中心)から動く」

 

まず、今にいる(中心を決めるcentering)をする=自分で今ここに集中すると決めること。

 

これをしない限り、中心を感じることはできないし、中心から動くことはできない。

(アーサナの練習も実は、それがないと意味を失う。)

 

私たちはいつも、centering(今ここ)にいないから、というか、いようと思っていないから、中心(本当の自分)を感じることもできないし、中心(本当の自分)から動くこともできない。

 

だから、簡単に自分を見失うし、中心(本当の自分)から世界を見るのではなく、世界を見て、そこと自分を比べるようなことをしてしまう。

そして、自分が感じていることもだんだんわからなくなってしまう。中(自分の中心)から外を見るのではなくて、外から中(自分のように見えるもの)を見ている。

 

なので、いつも自分がどう感じているかより、自分は正しいのか間違っているのかということの方が気になっている。

 

アーサナって、そういうことを学ぶのです。

 

いつでも、

 

迷ったら、どんな時もシンプルに戻る。

 

center(中心)に戻ればいい。

 

そのためには、今、呼吸をしている、今、ここにいる自分 を感じるだけでいい。

 

ちゃんと感じる。

 

考えないで。

 

焦らないで。

 

今ここに 在る と、しっかり 確かに 感じられるまで。

 

体で感じる 呼吸を しよう。

 

そんなシンプルなことには 満足できないという場合、どうなるかというと、、、、

 

嫌になるまで、苦しい状態でいるしかない。

混乱の中にいるしかない。

 

それもあり。

 

別に間違いでも悪いことでもない。

 

それもシンプル

 

 

 

そして、どっちを選ぶかは、なんと自分で決められる。

 

 

 

さて、

次回の、ヨガコンタクトセミナーは、5日火曜日11:30〜13:00です。

2000円です。

 

だんだんと、「今にいるプラクティス」に取り組む生徒さんが増えてきました。

相乗効果で、「あ〜そういうことか!!!」をみんなでシェアしていきたいと思います。

 やっているとどうなるの?ってところが、私の話を聞くだけでなく、みなさんの体験を聞くことで、かなり深まって行く、みんなの腑に落ちる速度が速くなるのを感じています。

 

プラクティスは、地味に、地道に、根気よく、嫌になる程、毎日個人でやるものですが、そのことについて繰り返し私の話を聞いたり、自分の体験を話したり、ほかの生徒さんの話を聞いたりすることで、どんどん「あ〜わかった!」「そういうことか!」が増えていきます。

そして、一人ではないと感じられる。孤独にならない。

 

プラクティスの目的は、人生を軽やかに豊かに、楽しく生きること!

 

そして、自分が、ありのままの自分で、ただここに在ることを、祝福できると気づくこと。

 

本当の自分に気づくことです。

 

ご参加お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しいこと

きょうは、小田原市で、地域の健康促進イベントのようなものがあり、講師をさせていただきました。

 

今回で3回目のご依頼でした。シニアの方中心で20数名。

 

きょうは寒くて、会場もあまり暖房が効きませんでしたので、まず呼吸法を覚えて帰っていただこうと、呼吸の練習。そして、冷えるので、寝るポーズよりも、立ちポーズと座るポーズを中心に行いました。

帰ってからも、お家でできることを、4つ覚えていただきました。

 

最後のシャバアサナの時に、担当の方が、チベッタンボウルの心地よい演奏をしてくださったのも素敵でした。

 

 

さて、ここのところ色々と仕事上、嬉しいことが続いています。

 

昨日の夜のクラスも、かなりスペシャルでした。あーこんなことって起こるんだなぁって。

生徒さんの個人的なことなので、内容は書けませんが、この仕事をさせていただけて感謝だなぁと、しみじみと「神様ありがとうございます」と思いました。

 

今日も、私が伝えている「今に在るプラクティス」を本気で(多分泣きそうになりながら、、、、泣いてたかもしれませんね)実践してくださった生徒さんから、メールで嬉しいご報告がありました。

 

私が本気で、厳しく伝えたことが、伝わっているのか、それとも、もう嫌になって、二度とここに来なくなるのか、、、、、、私にはわかりませんでしたが、受け取って、本気で実践してくださっていました。

そして、自力で苦しみから抜けていました。素晴らしいです。心の中で拍手しました。

受け取ってくれてありがとう!実践してくれてありがとう!

感謝です。

 

上海にいる生徒さんからも、ブログを読みながら実践していますと、今朝メールをいただきました。

 

 

伝えていくこと。。。。。。

 

それには、エネルギーが必要です。

集中力も、信じる力も、体力も。

そして、ハートの力。

 

でも、私はただの一人の人間なので、やはり限界があるし、もちろん完璧ではありません。

だからこそ、何にエネルギーを使うか、何を大切にしていくか。

 

本当にそこが大切です。

 

今、これにはエネルギーを注げない、と思うところには、きっぱりNOと言うしかありません。

 

大切なものを守るために。

 

時には誰かに嫌われても。

 

 

私も毎日、いや、毎瞬、プラクティスしています。

 

 

 

今日のご報告メールの生徒さんも書いてくださっていましたが、「今に在るプラクティス」をやっていると、心が平安になり、エネルギーが高まっていくのです。

 

そして、何より気持ちがいいのです。

それを感じて欲しいなぁと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Yoga Contact

今朝のクラスでは更年期の話になりました。

 

どう乗り切るかとか、どう対処するかという話ではなく、それが本当はどういう時期なのか、ポジティブな意味をお話ししました。

 

生徒さんは、「そんなふうに考えたことなかったし、誰もそんな風に言ってくれたことないです」といって、肩の力が抜けてホッとしたお顔になっていました。

 

朝のクラスの後は、スーパーヴィジョンがありましたが、そこでも、質問に対しての私の答えに、生徒さんは

「そういう答えが来るとは思ってもみなかったです、、、あーわかりましたーー。」と、重さと、緊張が解けていったようでした。

 

 

私ができるのは、方向が定まらず、迷子になっている時に、こっち→と、矢印を向けるだけです。

 

歩くのは自分。でも、迷路から出られないような時に、「何が何でも、自力で出口を探してやるー」と、同じところをいつまでもぐるぐる回っているよりも、「先生、私、今どこら辺にいるんでしょうか?」と聞いてみるのも、時には、役に立ったりすると思うのです。

 

答えは自分の中からしか出て来ませんが、質問がゆがんでいる場合は、答えは出てきませんから、そのことに気づくまでは苦しいのです。

 

例えば、本当は出口が見つかればいいだけのことなのに、この道は、土か、アスファルトか、石畳か、ということに気を取られているようなことってたくさんあると思うのです。

 

そんな時に、本題から逸(そ)れていることに、本人は無意識で気づきませんので、「そんなことはどうでもいいから、こっち→へ行ってみたら?」と伝えていく。それが私の仕事。

 

ただ、そのアドバイスができるのは、出口を見つけたいと思って、本気になっている人にだけです。

 

なので、ここに来てくださっている生徒さんたち、クラスに参加してくださる方たち、スーパーヴィジョンや、セミナーや、トータルヒーリングヨガサポートに来てくださっている方たちに向けて、お仕事としてできることだと思っています。

 

それ以外の人に向けて、聞かれてもいないのに、何か言うのは、おせっかいでしかありませんから、親しい友人と娘以外には言いません。娘にはすごく言うので、うるさがられていますが。(笑)

 

そして、この仕事にパッションを感じている私にとって、生徒さんたちが、持たなくてもいいのに、いつの間にか自分で持ってしまっていた荷物に気づいて、少しずつおろし、軽やかに笑顔になっていくのを見るのが喜びです。

みんなのリラックスした笑顔は本当に美しいですから。

 

なので、いつも私は本気です。

 

そして、本気だと、楽しいのです。

 

だからパッションって大事なんです。

 

自分がパッションを感じることをやるってことが、矢印→になるんです。

 

あなたのパッションは何ですか?

ワクワクとか、心地いいとかでもいいんです。

同じ。

 

 

*インストラクターのためのスーパーヴィジョンと、場合によっては、トータルヒーリングヨガサポートは、スカイプやフェイスタイムでもお受けできますので、遠方の方はお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

継続は力なり

ネパールから、毎年届くショールがいくつか入っています。

シャバアーサナの時にちょうどいいサイズですので、クラスに来られた時によろしかったら見てくださいね。

これは、知り合いから頼まれて置いていますので、私のお仕事ではありませんが、教育支援になるので、私もいつも何枚か購入しています。クラスで皆さんに使っていただいているものも、そうです。暖かくて気持ちいいですよ。

 

 

さて、今日は、アメリカに行っていた、Sさんが帰ってきて、彼女がここYoga Contactでヨガを始めてから(まだ1ヶ月ですが、毎週3回は来られていました。)の体験と変化について、アメリカでのことも含めて、シェアしてくださいました。

 

私がお話ししているシンプルなプラクティス(ある意味、私はこれが瞑想だと思っている)をとにかく毎日やり続けていたらしい Sさん。信じて続けていたら、こんなことが起こりました、、こうなりました、、いまこんな感じです!、、という、内面と外面両方の、大きな変化をお話ししてくださいました。

彼女のお話を聞いていて、本気でやれば、1ヶ月でこんなに意識の変化(変革)は起こるんだということが判明(笑)しました。

 

そして、今日聞いていた生徒さんたちの中でも、今日をきっかけにスイッチオン!!!になった方がいるのではないかと思っています。かなり衝撃的なお話でしたから。

 

先日のセミナーでも、Cさんから、続けているとこんな感じになるんです!!!という、嬉しい報告を聞くことができましたが、今日もまた、Sさんからのフィードバックがあり、

地味に根気よく続けてきた結果が出てきたなぁと感じています。

 

 

なんだか楽しみです。

 

後からつづくひとたちは、そのエネルギーのサポートを受けて、どんどん楽にシフトしていけます。

これが一緒に学ぶことの利点です。

 

いい意味で刺激し合うということです。

お手本があった方がイメージがしやすいですものね。

 

ひとりひとりが、生徒であり、先生であるという場になっていく。

 

ありがとうございます!

 

 

*集中的に学びたい方は、トータルヒーリングヨガサポート、またはヨガコンタクトセミナーへもお越しください。

*インストラクターの方たちは、スーパーヴィジョンの枠もご活用ください。

資格をとった後、いろいろな迷いや疑問も出てくるものです。個人的にお話をお聞きし、アドバイスしています。何度も受けられるように、料金も考えています。

 

 2月のヨガコンタクトセミナーは5日火曜日 11時半からです。どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

 

 

もうすぐ高校受験ですね!

生徒さんの中にも、受験生のママがいますので、なんだか私までドキドキしてくる季節です。

 

ここは山なので、娘が受験の時は、「インフルエンザ以外にも、大雪になって、もし家から駅まで行けない場合のことを考えておいてください、、」と、担任の先生から言われていました。

 

毎日、天気予報を見ていたことを思い出します。

 

クラスに参加される生徒の皆様も、インフルエンザや風邪に、お気をつけください。

風邪は、体の浄化でもあるので、悪いわけではありませんが、ご家族が感染している場合も、いまの時期は特に、上記の理由もありますので、ご参加に関して、ご配慮いただけますようお願いいたしますね。

 

写真は、私のある日のおやつです。。。。。写真が無くて、、、、。

 

 

さて、明日のクラスは、月に一度のパワーフローヨガです!

これも楽しいクラスです。

どなたでもご参加いただけます。

 

2月のレッスンカレンダーをトップページに貼り付けました。

いつも見ずらくてごめんなさい。

 

 

ヨガコンタクトセミナーは5日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

colors

今朝、娘を送って行った帰りに、橋の上で見た日の出は、なんとも言い表せない美しいカラーで彩られていました。

 

海から上がる日の出だけでも美しいのですが、手前にある木々のグリーンと、葉の落ちた木の枝のライン、そして、空のコバルトブルーのような色から紫色、太陽の周りのオレンジと黄色、ピンク、、、、、。眺めているとたくさんの鳥たちが、鳴きながら飛び立って行きました。

 

日々出会う、こういう瞬間をできる限り見逃したくないなぁと思います。

 

そして、写真を撮るよりも、じっと眺めて感じることに集中したい。

 

私は絵を描きますが、感じるレベルまで見る、、ということは、瞬間ではできないことです。

 

感じるには、その瞬間、止まって、目だけではなく、体全部、自分という存在全部で感じる、体感する、受け取る必要があるのです。

 

しっかり味わい、感じたものは、自分の中にエッセンスが残り、いつか紙に向かったときに、そこに現れて来る。

 

写真で撮って終わりにすると、自分の中には、何も残っていないのです。

 

なので、私は、もし記念に写真を撮るような時も、まずはじっくり感じる、そして最後に写真という感じです。

 

facebookやinstagramに投稿するために写真を撮る人が今は多いと思いますが、なんでそうしているのか、そうしたいのか、自分に問いかけて見るのも、人生を本当の意味で豊かに生きるには必要なことかもしれませんよ。なんで?と聞いた、その答えが、いまの自分の生きる姿勢ですし、その結果を受け取って生きているのですから。心から満足していれば、OKですが、

もしかしたら、その答えが歪んでいた場合、本当に得たいものから、どんどん遠ざかることをしてしまっているかもしれません。

 

 

それはさておき、写真の絵の具は、私が使っているものですが、全部グリーン。先日、絵の具箱を整理したときにグリーンだけ分けてみました。

一番多く使うので、いろいろな種類のグリーンがこんなにあります。固まっていて処分したものも何本かありますので、実際使っている色はもっとありました。

 

チャクラの色も人それぞれのカラーです。

ハート(アナハタチャクラ)のグリーンと言っても、そのグリーンの種類は人それぞれです。バイブレーションが違う。

私のクラスでは色の話もよくしますが、エネルギーのことを学ぶのに、楽しいし、役に立つし、自分を知ることにもつながっているので、興味がある方は、セミナーなどで、質問してくださいね。

 

 

昨日は一日中家族のことで病院に行っていたのですが、色々と感動したり、尊敬したり、いまの医学の進歩を感じたり、でも、そこにある人間としての温かさも感じたりと、、、、、また言葉になったら書きたいと思います。

 

では今日も、豊かに今をお過ごしください。

 

 

 

 

 

 

 

もう少しゆっくり呼吸のリズムで

私がよく娘に言う言葉、、、、、

 

「もっとゆっくり」

 

特に、メールを打っている時や、受け取ったメールに、瞬時に返信している時にツッこむ。

 

「一呼吸置いて、三回読み直してから送信しなさい。」

 

最近、いろいろな方から私が受け取るメールでも、書いた後、読み返さず送っているな、、、と感じるものがたまにあります。

長いメールでも、まとまりがなく、喋るように言葉がだーーーーっと書かれていて、文末もバラバラ。

言いたいことを、とにかく言うことに気を取られている。発することに。

 

気持ちが混乱していることが伝わってきます。

 

最初は、なにが言いたいのか掴めない。

なぜなら、本人が混乱しているからですが。

 

そして、多分、、、、、私の返信メールも、ざーーーーーっと一度目を通して、そこに込められている本当の意味を受け取ることなく、瞬時に、返事が返ってくる。

 

自分が欲しい返事が書かれていなければ、否定するか自分を責めるか、すぐ忘れるか。。。。

 

今、世の中は、こんな感じになっているな、、、と思う。

 

マインドフルネスという言葉は流行っているけれど、ヨガをしている人たちの中でさえ、そのエネルギーは、まだまだ広がっていない。

 

その人が悪いわけではないのです。パターンにハマって、反応で生きてしまっていることに気づいていないだけ。自分の中心から離れてしまっていることに気づいていないだけ。

ある意味、今ではそれが普通(?)の生き方かもしれない。

 

でも、

 

少し ゆっくり 

 

呼吸に意識を向けて

 

呼吸のリズムで 話したり 

 

メールを書いたり 

 

洗濯を干したり 

 

食事をしたり 

 

してみたら、、、、、、 

 

自分が、何かに向かって 必死に 前のめりで生きている姿勢が 感じられるかもしれません

 

パラパラと 大切なものを 取りこぼしまくりながら

 

いったい なにに向かって 急いでいるのだろう?

 

自分に突っ込んでみるといいかもしれません

 

 忙しいから仕方ないじゃない?

 

そう返って来るかもしれません

 

でも、、、、、

 

そうやって 急いで生きている毎日の ゴールにあるものってなんですか?

 

人生の終わりにあるものってなんでしょう?

 

 

そこに向かって 急いでいるって 気づいていますか?

 

生き急いでるってことですね

 

もう少しだけ

 

ゆっくり生きてみる

 

見える世界が 変わってきます

 

多分

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙の中に生きている私たち

昨日は本当に寒くて、クラスは満員で人が多いのに、部屋が全然温まりませんでした。

シャバアーサナをしている生徒さんたちが寒いんじゃないかと心配でした。

 

でも今日は、一転、太陽の暖かさで、汗をかくくらい。暖房もつけずにクラスができました。

 

本当に太陽の暖かさに、ありがとう!

 

太陽と地球の距離が、これより近くても遠くても私たちはこの星で生きることができない。

それだけでも、宇宙の仕組みの壮大さに驚きます。

夜空を見上げるとたくさんの星。

 

数えきれない星の中のひとつがこの地球。

 

子供の頃、それを考えただけで、不思議でたまりませんでした。なんでこんなにある星の中で、私はこの星に生まれてきて、今ここにいるんだろう?ここで何をしているんだろう?

 

小さな頃から、星空を眺めては、ふっとそんなことがいつも浮かんできます。

 

自分の小ささを感じると同時に、その私という存在は宇宙でたったひとり、同じ人は一人もいないのだなぁ〜と。

 

人間は、色々と大変な経験もあるので、考える癖がついてしまっていますが、頭が考えでいっぱいになったら、時には、星空を見上げてみたらどうでしょう?

 

自分はここでなにをしてるのかな?

 

自分てなんだろう?

 

自分にとって、本当に本当に大切なことって なにかな?

 

冬の夜空は、どんな答えを映し出してくれるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

ヨガコンタクトセミナー

昨日のセッションで、ある生徒さんとお話しをしていて実感したのは、今年もヨガコンタクトセミナーとトータルヒーリングヨガサポートが、いまの時点では、私の伝えたいことを、最短で、わかるように伝えられる最適な場だということ。

 

まだ小さいコミュニティだけれど、ここで学んだ人たちが、いずれ、だれかに伝えていく立場になっていくのではないかと、予感しています。。。というか、自然にそうなるでしょう。

 

ひとりひとりの生徒さんの理解度を感じ取りながら、ツッコミを入れていくことができるという場、、、それができれば、腑に落ちるのは早くなる。

わかったつもりになっている人に、ツッコミを入れる。気づいてもらう。

何度でも繰り返し伝える。手応えが出るまで。

 

昨日の生徒さんも、来た時は苦しそうでしたが、だんだんと表情が明るく、、、というか、驚きの表情に変わっていきました。

「あ、そうか!えっ!そうなんだ!わかっていたと思ってたけど、全然浅かったんですね!違った。」

「えーー!そうなんですね、そういうことか!

マインドフルネス瞑想に行っても何も変わらなかったのはそういうことか、、、、、!やります!とりあえず一週間やってみる!本気で」

そんな反応の連続で、最後は力強い表情で帰っていかれました。

 

 

今を生きる

 

というのは、ほとんどの人が思っている「今を生きる」とは違います。もっと深いもの。

頭では理解できないものです。

 

生き方の大革命です。

 

何度も書いているように、シンプルで地味〜なプラクティスを毎瞬続けていくことが必須です。

今までのようにパターンを生きることからの卒業です。今ここに現れてくる意識を生きることの誕生です。

やり方は本当にシンプルです。でも簡単ではない。今までの反応して生きてきたパターンに気づく必要があるから。自分のエゴに気づく必要があるから。そして、うんざりしたり、がっかりしたりする必要があるからです。。。

 

根気がいります。

 

この写真の編み物のように、一目一目は地道な一歩。

でも編むのを楽しめたら、結果は後から自然についてきます。

 

プラクティスは、本気になれば、すぐではなくても、かなり早くマスターできると私は確信しています。

そのためには、意味を勘違いしないで、ダイレクトに受け取ってもらう必要があるので、やはり個人に直接伝えることができる場が最適だし必要なんだな、、、と本当に思いました。

 

クラスに出たり、本を読んだりして「わかった」と頭で思っていても、今、まだ苦しみから解放されていなかったら、わかってはいないのです。

 

今、私の生徒さんで、これに本気で取り組んでいる人は、多分6人くらいです。

今年は、一人でもまた仲間を増やしたいところです。

 

「ヨガとは全ての苦しみを取り除く道である」

 

それがどういうことなのか、伝わるように、私自身も日々実践、日々実験。

 

それから、昨日の生徒さんも言ってましたが、「このプラクティスをしている時に、苦しい場面の時ほど、おかしくなって笑っちゃいそうですね!」と。

 

そう、自分がいつも深刻にとらえてしまっていることが、実はそんなことじゃなかったって気づける場面がたくさん出てきますし、気楽に生きられるようになっていくはずです。

なので、怖い顔して必死にやるものでもなく、私は、面白い実験だと思っているのです。

 

興味のある方は、クラスにぜひご参加くださいね。

 

では、今日も素敵な今を お過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水脈に当たるまで一つの場所を掘り続ける

ヨガの教えですが、「ここだと思ったら、その場所を水が出るまで掘り続けなさい。」というのがあります。

 

少し掘っては違う、少し掘っては、ここではない、これではない、、そうやって、浅く掘ってあちらこちらさまよい続けないで、一箇所決めたら、水脈に当たるまで掘り続ける。

 

つまり、シンプルで確実なプラクティスを、マスターするまでずっと続けていくということが大切だと言っていると思うのですが、これが、確実で早い道なのに、できる人は結構少ない。

 

なので、私は、一度に何人もの違う先生のワークショップに出たりするのはお勧めしていません。(本人の自由ですが)混乱するからです。

なぜなら、全てのスピリチュアルティーチャーや、ヨガの先生やグルも、宗教も、それが本物であれば、結局は同じところに生徒たちを導いていくいく、目的地は同じだと思います。

 

ただ、テレパシーではなく、「言葉」という狭い限界のある道具を使っているので、それぞれの先生は、自分なりの違う言葉を使ってその一つのことを教えようとしています。

 

ですから、生徒側の理解が浅いと、まるで違うことを教えられているように思えてしまうのです。

なので、同じ先生や、同じ本から何度も同じ言葉を使って同じ話を聞き続けた方が、腑に落ちるてくるのは断然早いはずです。

 

ただ、誰でもいいわけではありません。

自分の直感がクリアーであれば、それが一番いい道しるべ。自分にとってふさわしい先生に出会うことができると思います。

この人だ!と思ったり、この本だ!と思ったら、それが自分の生き方になるまで、そこで学んだ方が遠回りはしないで済むと思います。

 

ハートの声が、なんか心地よくない、なんか、もやもやする、、、と感じていたら、違う先生のところに行ってみるのもいいと思います。でも、決めたら少なくとも数年はその人の下で学んでみる方が得るものがあるはずです。そして、自分の感覚を信じる。心地いいか、心地悪いか。(結構この感覚が大事です)ただエゴの場合もあるので注意ですが。

 

私が生徒さんによくお話する例えですが、よく耳にする「マインドフルネス」という言葉、仏教では、同じことを表すのに、「エンプティネス」と言ったりします。つまり、full (一杯)と empty(空っぽ)という対局の言葉を使って、同じところに導こうとしていますが、生徒側にその理解がない場合、混乱するばかり。どちらの先生が正しいのだろう???ということになります。

でも実はどちらも同じ。言葉はどっちでもいいのですが、わかっていないと混乱するだけです。

ですから、エンプティネスで学んだ人と、フルネスで学んだ人が、それぞれをマスターした後に出会えば、同じだね!と仲良くなれるはずです。でも、理解が浅い段階で出会ったら、それは違うこっちが正しい、、、と対立してしまうかもしれません。宗教戦争ってそうやって起こるのではないかと思います。自分がやっていること、自分の考えこそが唯一正しいのだと勘違いしてしまうことから起こることだと。それは、エゴでしかないのですが。

 

たくさんの本を読み漁ったり、たくさんの資格を取りに行ったり、たくさんの先生に会いに行ったり、、、というのは、頭を満足させるには最適な方法ですが、、、ハートや魂が満足することはまずないと思います。そして、何より、人生が本当に豊かさ軽やかさ喜びで溢れるという結果ももたらしてはくれないでしょう。ただただ、「自分はたくさんのことを知っている」とエゴの満足感だけが、気づくまで膨らんで行きます。

 

時々そういう人と出会いますが、頭の中が自分の考えと知識でいっぱいなので、教えることを受け取ってはもらえない、まるで、壁に向かって話しているかのように、エネルギーを消耗するばかりです。

ご本人は無意識なので、仕方ないです。

 

先生たちは、同じことを何度も言っていると思います。それは、そのシンプルなことを頭ではなく腑に落ちる、、という形で理解するのは実は簡単ではないから。

「私はわかった、わかってる」と思ってしまっている人に伝えることがどんなに難しいか。

なので、手を替え品を替え、同じことを違う角度からその人にわかるようにトライしているのです。

 

ただただ心を空っぽにして、受け取ろう、理解したい、真実を知りたい!

そういう生徒さんには、きっと出会える先生がタイミングよく現れると思います。

自分にとっての真実に導いてくれる先生、本当の自分を思い出させてくれる先生に。

 

 

「生徒の準備が整った時、師は現れる」

 

こういう言葉がありますが、

私も何度か経験しています。いま思い浮かぶのは、この人生の中で3人。

本当にそうです。

だからやはり、いつも言っていますが、全ては自分次第なんですよね。

 

 

 

 

 *17日木曜日のクラスはお休みになります。

 

 

 

 

 

お知らせ

来週、1月17日木曜日のクラスが、午前午後ともに急遽お休みになります。

レッスンカレンダーではお休みになっておりませんので、お気をつけください。

急なお休みでごめんなさい。

 

*****************

 

クラスのご予約、お問い合わせのメールの返事が、2日経っても届かない場合は、お手数ですが、再度送信していただけますようお願いいたします。時々戻って来てしまうものがあります。パソコンからのメールも受け取れる設定にしておいてくださいね。

 

 

2019クラススタート

2019年のクラスがスタートしました。

 

この年末年始は、生徒さんたちのプラクティスの成果をたくさん感じることができ、嬉しい手応えがありました。

 

今日は、今年最初のセミナーもありましたが、セミナーに何度も足繁く通ってくださっている生徒さんたちの進歩を感じ、深い体験をしてくださっているのがよくわかりました。

 

とにかく地味〜なシンプルなプラクティスを素直にずっと続けることと、セミナーで話を何度も、腑に落ちるまで聞き続けること、仲間とシェアすること。。。この3本立てで、かなり理解が進んで来たのではないか、、、と思います。

 

やり方がシンプルなだけに、頭が「わかった、もう理解したから大丈夫」と思ってしまうと、そこで止まってしまいます。

今までのパターンから目覚めるためには、相当の根気と、気づきが必要ですから、簡単なことではありません。

でも、今日のセミナーでは、このプラクティスを淡々と日々続けてくださっている生徒さんから、続けているとこういう変化が起こるのだというわかりやすい例も見せてもらえて、本当に嬉しい限りです。

仲間がいることによって成長しあえるって、こういうことだなと思いました。

 

プラクティスは、マスターするまで続けましょう。

 

そこにあるのは、軽やかで自由で豊かに生きる自分です。

 

きょうは他にも嬉しいことがあって、最近入った生徒さんで、すごく勇気と覚悟を決めてヨガを始めてくださった方なのですが、最近では、彼女の変化に気づいた家族が「ヨガに行ったほうがいいね。ヨガはいいんだね。行ってらっしゃい!」と背中を押してくれるのだそうです。その話をしてくれた時の笑顔が本当に嬉しそうでした。

 

今年も、この山の上のヨガクラスに来てくださる方達の、サポートに力を尽くします。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

一緒に楽しんでいきましょうね。

 

 

*個人セッションのお申し込みは、トータルヒーリングヨガサポート、ヒーリング、アーサナ個人レッスン、スーパーヴィジョンなどのセッション名と、希望日時をメールでお知らせください。随時受け付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます

このブログを読んでくださっているみなさま、

明けましておめでとうございます!

 

私のブログを、前のサイトの時から何年も読んでくださっている方、そして、最近、見つけて読み始めてくださった方、それから生徒さんたち、、、、。

 

私には、そちら側は見えませんが、きっと何か読みたい理由があって、読んでくださっているのだと思います。SNSではなく、わざわざこのページをご自分で選択して、開いてくださっているわけですから。。。

 

どうもありがとうございます。

 

年が明けましたが、私にとっては、旧暦の方が、何となく切り替わりを感じるのですが、いかがでしょうか?

ただ単に、寒がりすぎるということもありますけれど、、、冬は冬眠の時間のような気がしてしまいます。

しかし、今回の年末年始のお休みは、冬眠するどころか、ずっと仕事をしております。

教える仕事ではありませんが、長年のプロジェクトに手をつけていて、食事をするのも時々忘れるほど、やっています。

 

娘も、バイトでいないせいか、お正月感も全くありません。私はテレビを見ないので、特に。。。

 

明日から友人が泊まりに来てくれるので、やっと美味しいものでも食べて、お正月気分を少しでも味わいたいところです。

 

 

 

2019年のヨガコンタクトでのクラススタートは、8日です。

11時半からはヨガコンタクトセミナーもありますので、ぜひお越しください。

セミナーでは、このブログによく書いているようなことを取り上げ、個人のご質問にもお答えしています。内容は、その時にならないと、私にもわかりません。

今年も、宇宙と私と生徒さんのコラボで行きましょう!

 

ヨガはまだ始めていないけど、、、という方も大歓迎です。

 

では、今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2019年

coming soon !!!