苦手なこと

苦手なのは、建前や、思ってもいないことをいうとか、話を合わせるとか。いいと思っていないのに褒めるとか。

 

本当に苦手です。できません。

 

私が通っていたヒーリングスクールの先生は、普通では目に見えないものを見たり、聞いたり感じたりできる人だったので、生徒が質問しようとしていると、手をあげる前に「何か質問あるんでしょ?」と聞かれました。

手をあげる前に、エネルギーの手は上がっているからわかると言っていましたが、私も当てられたことがあります。

もちろん何を感じているかもわかってしまうので、嘘は全く通用しないフィールドでした。

でも、私にとってはそれが嬉しかったのです。

言葉でアピールしなくても、わかってくれるということですから、そんなに積極的に発言しないタイプの人間にとっては、ありがたいのです。

何も隠すことはできない世界。「自分の思いに責任を持ちなさい」といわれていました。

 

正直な人にとっては、言わなくてもわかってもらえる、見ていてもらえるというのは、深い安心感を得られることです。

 

そして、そこに通っている人たちも似たような特質を持っている人が多かったので、言葉ではなく、エネルギーで感じ合うことができる仲間でした。

そして、トレーニングは、その感覚をより開いて行くようなことをしていたので、ますますエネルギーを感じる力は高まって行きました。

 

今でも、時々その頃の友人に会うと、場のエネルギーとか、人のエネルギーとか、瞬間的にふたりとも感じ取っているのがお互いわかります。

 

どこへ行くかというのも、インターネットでの情報などはあまり役に立たず、エネルギーで感じ取るのが普通です。直感もそうですが、話していて、感じて、「あっちだね」「いまはあそこに行こう」「あの人、気になるね」「あそこなんか変だったね」と、あまりにも自然なので、お互いに、説明もいりません。

 

エネルギーの世界に慣れてくると、言葉や、表情や、行動ではごまかされなくなります。

心と言葉がずれているのもわかりますし、嘘をついているのも結構わかります。

本心ではない生き方をしていたり、たとえ笑顔でも、エネルギーで攻撃してくる人などもわかってしまいます。

時には、それで悲しみ傷つくこともあります。

 

いまはもう、この特質を人生に生かして行くしかないと思っているので、仕事に使っています。

 

エネルギーを調整したり、ブロックを取り除いたり、グラウンディングを強化したり、その人の進むべき方向に背中を押したり、、、、。もちろん本人がそうしたいと本心で思っていないと無理ですが、サポートできることはたくさんあります。

 

ただし、私が目指しているのは、

 

愛、調和、喜び、優しさ、美しさ、静けさ、いつくしみ、共感、心地よさ、安心感、笑顔、本当の自分であること、、、、、。そういうことです。そういう方向になら、エネルギーを変容させて行くお手伝いができると思います。